シミュレーションプレビュー画面
プレビューウィンドウ
アニメーション開始ボタン / アニメーション一時停止ボタン アニメーションの開始、または一時停止をします。
アニメーション停止ボタン アニメーションの停止をします。
シークバー 左右の矢印ボタン、バーの領域、またはつまみを移動することで、任意の可視化位置に移動します。ただし、解析が終了したデータに限ります。
アニメーションループチェックボックス アニメーションを繰り返します。
アニメーション速度変更ドロップダウン アニメーションの速度を、「速い」/「普通」/「ゆっくり」の3段階から選択します。ただし、アニメーション速度は解析結果の情報量に依存しますので、すべてのシミュレーションにおいて必ずしも期待する速度を得られるわけではありません。
グラフ連動チェックボックス アニメーションと表示グラフを連動します。
経過時間表示 現在表示中の結果における時間を表します。
経過ステップ 現在表示中の結果におけるステップ数を表します。
表示振幅 可視化振幅値の上限と下限を設定します。
縮小ボタン 表示結果を縮小します。
拡大ボタン 表示結果を拡大します。
フィットボタン 結果を表示領域にフィットするように調整します。
出力点のグラフ表示ボタン 出力点のグラフウィンドウを表示します。解析終了後にボタンが有効となります。
表示中の画像保存ボタン 表示中の可視化情報を静止画像として保存します。アニメーションを停止、または一時停止するとボタンが有効となります。
結果保存ボタン 解析結果を、「解析データ」「動画像」「静止画像」を選択して保存します。解析終了後にボタンが有効となります。
カラーマップ設定ウィンドウ表示/非表示 可視化時のカラーマップ設定ウィンドウを表示します。
閉じるボタン ウィンドウを閉じます。解析中の場合は、処理をキャンセルします。
解析時間表示 解析に掛かった総時間を表します。
解析残り時間表示 解析にかかる残り時間を表します。ただし、確定した時間ではなく、目安として表示します。

トップに戻る


複数変位同時プレビュー
複数変位同時プレビュー
【P-SVのみ】解析結果の可視化時、各変位を同時にアニメーション表示することができます。同時表示可能な変位は、XY合成変位(デフォルト表示)、X変位、およびY変位です。 複数の変位を表示した場合は、プレビュー画面を分割して可視化します。表示位置を変更する場合は、変更したいデータ上でマウスの左ボタンを押下し、そのままの状態で他の位置に移動し、左ボタンを放してください。
1種類の変位表示の場合 プレビュー画面全体を利用することができます。
2種類の変位表示の場合 プレビュー画面全体を上下、または左右に利用することができます。
3種類の変位表示の場合 プレビュー画面全体を4分割し、そのうちの3領域を利用することができます。
複数の変位を表示する場合は、プレビュー上でマウスの右クリックメニューから表示変位を選択してください。右クリックメニューについては、以下のようになります。
プレビュー画面右クリックメニュー

表示とシークバーの同期 プレビュー表示とシークバーを同期します。
表示変位(P-SV) X-Y変位 XY合成変位を表示します。
X変位 X変位を表示します。
Y変位 Y変位を表示します。

トップに戻る