操作パネル(P-SV)
操作パネル
図形選択ボタン 図形の選択、編集を行います。
キャンバス移動ボタン キャンバスの移動を行います。
長方形被験体作成ボタン / 長方形空隙作成ボタン 長方形の被検体/空隙を作図します。
三角形被験体作成ボタン / 三角形空隙作成ボタン 三角形の被検体/空隙を作図します。
台形被験体作成ボタン / 台形空隙作成ボタン 台形の被検体/空隙を作図します。
円被験体作成ボタン / 円空隙作成ボタン 円の被検体/空隙を作図します。
空隙作図ボタン(OFF) / 空隙作図ボタン(ON) 空隙作図機能のON/OFFを切り替えます。
単体プローブ作成ボタン 単体プローブを作図します。
アレイプローブ作成ボタン 選択した被検体に対するアレイプローブを作図します。
メッシュ分割ボタン メッシュ分割を行います。
なお、処理実行時には、少なくとも一つ以上の被検体を作図しておく必要があります。
キャンバス縮小ボタン キャンバスを縮小表示します。マウスのホイールを下向きに操作することもできます。
キャンバス拡大ボタン キャンバスを拡大表示します。マウスのホイールを上向きに操作することもできます。
被験体詳細ウィンドウ表示ボタン 被検体詳細ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。
単体プローブ詳細ウィンドウ表示ボタン 単体プローブ詳細ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。
アレイプローブ詳細ウィンドウ表示ボタン アレイプローブ詳細ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。
ナビゲーションウィンドウ表示ボタン ナビゲーションウィンドウの表示/非表示を切り替えます。

トップに戻る


被検体詳細ウィンドウ
被検体詳細ウィンドウ
被験体設定
ロックチェックボックス 被験体図形をキャンバスに固定します。
被験体ID 被験体のIDを表示します。(変更不可)
被験体種類 被験体の種類を表示します。(変更不可)
被験体材質 被験体の材質IDを表示します。ダブルクリックすることで、定義済みの材質を選択することができます。
被験体密度 被験体に設定された材質の情報を表示します。変更する場合は、材質の項目を変更するか、材質IDオプションの材質設定を変更してください。
被験体縦波音速
被験体横波音速
被験体減衰
被験体媒質
被験体遅延計算
最前面ボタン 選択中の被検体を最前面に移動します。
前面ボタン 選択中の被検体を前面に移動します。
背面ボタン 選択中の被検体を背面に移動します。
最背面ボタン 選択中の被検体を最背面に移動します。
材質IDオプション
材質追加ボタン 材質を追加します。
材質削除ボタン 選択中の材質を削除します。使用中の材質は削除できません。
材質色変更ボタン 被験体の表示色を変更します。
材質色表示/変更 現在の表示色を示しています。クリックすることで、色変更ボタンと同一の動作をします。
材質の保存ボタン 材質の情報をファイルに保存します。
材質の読込ボタン 材質の情報をファイルから読み込みます。
材質ID 材質のIDを表します。(変更不可)
名称 材質の名称を表します。ダブルクリックすることで、変更することができます。
密度 材質の密度を表します。ダブルクリックすることで、変更することができます。
縦波音速 【P-SVのみ】材質の縦波音速を表します。ダブルクリックすることで、変更することができます。
横波音速 【P-SVのみ】材質の横波音速を表します。ダブルクリックすることで、変更することができます。
減衰 材質の減衰を表します。ダブルクリックすることで、変更することができます。
媒質 【P-SVのみ】材質の媒質を表します。ダブルクリックすることで、プルダウンメニューから変更することができます。
遅延計算 【P-SVのみ】アレイプローブの遅延計算に利用する音速を表しています。ダブルクリックすることで、プルダウンメニューから変更することができます。

トップに戻る


単体プローブ詳細ウィンドウ(P-SV)
単体プローブ詳細ウィンドウ
ロックチェックボックス 単体プローブ図形をキャンバスに固定します。
探触子ID 単体プローブのIDを表します。(変更不可)
種類 単体プローブの種類を表します。(変更不可)
有効・無効表示 単体プローブの有効/無効の切り替えを行います。ダブルクリックし、プルダウンメニューから"有効"、まはた"-"を選択します。無効にすると、メッシュ分割時に処理されません。
遅延 単体プローブの遅延を設定します。
偏向方向 【P-SVのみ】応力方向の切り替えを行います。ダブルクリックし、プルダウンメニューから"垂直"、または"せん断"を選択します。

トップに戻る


アレイプローブ詳細ウィンドウ(P-SV)
アレイプローブ詳細ウィンドウ
有効・無効チェックボックス アレイプローブを有効にする場合はチェックを入れます。
アレイID アレイプローブのIDを表示します。(変更不可)
アレイ要素数 アレイプローブの要素数を表します。ダブルクリックすることで、変更することが可能です。
アレイ幅 アレイプローブの幅を表します。ダブルクリックすることで、変更することが可能です。
アレイピッチ アレイプローブのピッチを表します。ダブルクリックすることで、変更することが可能です。
収束点までの距離 収束点までの距離を表します。ダブルクリックすることで、変更することが可能です。
収束点までの角度 収束点までの角度を表します。ダブルクリックすることで、変更することが可能です。
アレイ設置被験体ID アレイプローブを設置した被験体のIDを表します。(変更不可)
アレイ設置位置 アレイプローブを設置した場所を表します。ダブルクリックし、プルダウンメニューから"上辺"、"下辺"、"左辺"、または"右辺"を選択します。
要素ID アレイプローブの要素のIDを表示します。(変更不可)
要素遅延ID 要素の遅延IDを表示します。(変更不可)
要素遅延 要素の遅延を表示します。ダブルクリックすることで、変更することが可能です。ただし、収束点までの距離と角度は自動計算されません。
要素振幅 要素の振幅を表示します。ダブルクリックすることで、変更することが可能です。
要素偏向方向 【P-SVのみ】要素の応力方向の切り替えを行います。ダブルクリックし、プルダウンメニューから"垂直"、または"せん断"を選択します。

トップに戻る


ナビゲーションウィンドウ
ナビゲーションウィンドウ
キャンバスの情報を縮小表示します。ナビベーションウィンドウ内の任意の箇所をクリック、またはマウスの左ボタンを押したままドラッグすると、キャンバスを移動することができます。赤枠は、現在のキャンバスの表示領域を表します。
キャンバス拡大ボタン キャンバスを縮小表示します。ナビゲーションウィンドウ内で、マウスのホイールを下向きに操作することもできます。
キャンバス拡大ボタン キャンバスを拡大表示します。ナビゲーションウィンドウ内で、マウスのホイールを上向きに操作することもできます。

トップに戻る


アレイプローブ作成ウィンドウ
アレイプローブ作成ウィンドウ
アレイプローブを作成する際に表示されます。アレイプローブの設置対象となる被験体を選択し、アイレプローブの作成処理を実行してください。
要素の幅記入欄 要素の幅を記入します。
要素の個数記入欄 要素数を記入します。
ピッチ記入欄 ピッチを記入します。
収束点までの距離記入欄 収束点までの距離を記入します。
収束点の角度記入欄 収束点の角度を記入します。
設置費検体ID表示 設置する被験体のIDを表します。(変更不可)
アレイプローブ作成ボタン クリックするとアレイプローブを作成します。
キャンセルボタン アレイプローブの作成処理を取りやめます。

トップに戻る